続きを読む

本の新しい価値の創造

読書

お久しぶりです。
イスラエルに行ってました。

はい、こんな記事。

前から言っていますが、前からって、10年以上前から。
日本の出版流通がおかしいって。

海外との比較も意味がない。
海外と流通の仕組みが違うから。
海外は書籍と雑誌は別物扱いです。

この記事にもあるように、再販制度よりも委託制度に問題。

続きを読む

出版業界に「取次」はいらない。

1040d10d10200f3c4ea1bcf850e95fcd_s.jpg 

早すぎる梅雨明け。
暑すぎる。

寒すぎる出版業界。
一般の記事としても扱われるようになりましたね...

取次問題についてわかりやすく書いてある。

インターネットという世界が広がったおかげで,恩恵を受けた人,こと,
害を受けた人,こと,いろいろどの業界だってあるでしょう。

続きを読む

出版業界メルトダウン?!

とうとう来たか...


そうです。
メルトダウンです。

取次の危機というより,出版業界のメルトダウンじゃないか?

取次とは,出版社と書店を繋ぐ問屋業のことです。
普通の業界なら,仲卸業とかわりとわかりやすい役割。

でも出版業界の場合,この取次は金融業も兼ねています。
そこが大問題でした。(すでに過去形!?)
新刊がでると,書店には本を撒き,出版社には売れようが売れまいが一定額を入れてあげる。
売り上げを書店から吸い取って,一定期間したら売れ残った本を出版社に戻す。
取次は自転車操業の軸なのです。

そんな構造の出版業界は日本だけです。

続きを読む

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

エルゼビア編集者が一斉辞職して新しくOAJ立ち上げ 2019/01/21
最新じゃないニュースは可能か? 2019/01/07
ネット社会での精神性とは?出版文化にどう影響するのか? 2018/12/13
Google帝国が裏側で... 2018/10/11
書店は生き残れるのか? 2018/09/18

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR