第110回 みみの会 ご案内★関羽と曹操のイメージを覆すー『曹操 卑劣なる聖人』の刊行

三国志001

 曹操社は会社を興してまだ間もないですが、その最初の企画が全10巻6000頁にも及ぶ『曹操 卑劣なる聖人』の刊行です。原書は中国で300万部を突破した大ベストセラー。この本との出会いが会社を興すきっかけになったと聞きます。曹操社と名乗ることにしたのも、曹操への深い畏敬の念からだそうです。

 今回は、その『曹操 卑劣なる聖人』(全10巻)を監訳している関西大学非常勤講師の後藤裕也さんをお招きします。
三国志の主要人物である関羽と曹操2人のイメージについて、お話をいただきます。

 まずは『三国志演義』で「義絶」(義の極み)とされ、勇将のイメージが強い関羽。しかし、その武功を描く場面では不意討ちが多く、「勇猛な武将」というイメージには疑問符がつくということです。

 次に『三国志演義』で「奸絶」(悪の極み)とされる曹操。たしかにいわゆる善人ではありませんが、一級の政治家かつ文人であり、悪人として括るのも憚られる、時代の変革者だったということです。

 そして最後に、『曹操 卑劣なる聖人』を読む価値と面白さについてお話しいただきます。
2020年は曹操が亡くなって1800年、つまりは後漢時代が終焉し、三国時代が幕を開けてから1800年という節目の年になります。『新解釈 三國志』といった映画の公開など、三国志関連イベントも予定されています。
 1年半ぶりの「みみの会」、どうぞ奮ってご参加ください。


ごとうゆうや
関西大学非常勤講師
著書に『語り物「三国志」の研究』、『武将で読む 三国志演義読本』(共著)、訳書に『中国古典名劇選Ⅱ』(共編訳)などがある。

日本経済新聞 縄田一男氏(文芸評論家)による書評:
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53896640X21C19A2MY6000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55516810S0A210C2BE0P00/

週刊エコノミスト 加藤徹氏(明治大学教授)による書評:
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200128/se1/00m/020/014000c


日時:2020年3月26日(木)
時間:午後7時~9時(受付 午後6時30分~)
会場:東京しごとセンター 地下1階講堂
最寄駅=飯田橋駅から徒歩7分(http://www.shigotozaidan.or.jp/)
参加費:1000円 ※参加予約の必要はありません

みみの会URL
https://miminokai.hatenablog.com/

VOTE& READ!

D_p46GBUEAAAAbk.jpg選挙に行って本を読もう!
谷中・ひるねこBOOKSさんの企画です。
書店さんはこれでいろいろサービスやってますよー。
出版社もなにかやりませんか?

第109回みみの会:「企業の力をお借りする」ー今村監督、映画制作へのアプローチ

今村監督001 

第109回みみの会:「企業の力をお借りする」ー今村監督、映画制作へのアプローチ

今回の講師は17年間で30本近くのドキュメント作品を作り上げた今村彩子監督。
前作の『Start Line』は見所が満載なのですが、驚くのはエンドロールにある企業ロゴの多さ!クラウドファンディングとは別に協賛企業が数多いのです!
そこには今村監督の工夫と努力があふれているはず。なので、その裏話は多くの編集者やクリエイターにとっても福音となるでしょう!
ちなみに、今村彩子監督は耳が聞こえません。お話しは今村監督が生の声でお伝えしますが、手話通訳も付きます。田村梢さんという手話の世界では日本代表クラスの方!
今村監督のファンの方はもちもん。映画を観ていない方も、手話を勉強中の方も、どなたでも楽しくご参加いただけます。

講師:今村彩子(映像作家) ※手話通訳付き

名古屋出身/Studio AYA代表 大学在籍中にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校に留学し、映画制作・アメリカ手話を学ぶ。現在、名古屋学院大学・愛知学院大学で講師をする一方、ドキュメンタリー映画制作で国内だけにとどまらず、アメリカやカナダ、韓国、ミャンマーなど海外にも取材に行く。主な作品は「珈琲とエンピツ」(2011)、「架け橋 きこえなかった3.11」(2013)、「Start Line(スタートライン)」(2016)、「11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜」など。

〈Start Line HP(予告編など)〉
http://studioaya-movie.com/startline/top.html 

日時:2018年7月19日(木)
時間:午後7時~9時(受付 午後6時30分~) 
会場:東京しごとセンター 5階セミナー室
    最寄駅=飯田橋駅から徒歩7分(http://www.shigotozaidan.or.jp/) 
参加費:1000円 
※参加予約の必要はありません

【手話通訳・田村梢さんプロフィール】 
手話通訳士/横浜市登録手話通訳者/神奈川県盲ろう者通訳介助員派遣コーディネーター/デフリンピック自転車競技日本代表チーム専属手話通訳/放送通訳など多方面で活躍中。

第108回みみの会:坂網猟師に魅了される―『坂網猟』上映とトーク(公開前特別先行上映会)―

坂網猟 【第108回みみの会のご案内】
1993年から続く出版関係者を中心とし,毎回様々なジャンルのゲストを招いて話を聴いたりする「みみの会」というのがあり,以前から参加者として時々行っていたのですが,昨年あたりからひょんなことで世話人補助くらいの位置付けになりました。

来月末にもありますので,下記をご覧ください。
出版関係者以外でも,どなたでも参加できます!

前作「鳥の道を越えて」もみみの会で上映され,その時も行きたかったのに行けず,ほかで観たのですが,今回も実は参加できない!非常に残念です。
監督の淡々とした口調がなんともいい感じのドキュメンタリー映画。
新作もきっと面白いと思いますよ!

続きを読む

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

第110回 みみの会 ご案内★関羽と曹操のイメージを覆すー『曹操 卑劣なる聖人』の刊行 2020/02/15
オープンアクセスジャーナルのその行方 2020/01/15
VOTE& READ! 2019/07/17
文教堂がADR手続きと消費行動,出版文化... 2019/07/05
雑誌と書籍の消滅はいつ? 2019/05/08

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR