紙の新聞が亡くなる日は近い?イコール,ジャーナリズムの死なのか?

706baabaaba1a23c0378f051794a366a_s.jpg 

出版不況と言われて久しいですが,新聞は不況などというレベルではないようです。

このグラフにある急降下カーブ,さまざまな統計情報を見てきましたが,これだけ急降下はなかなかないですよね。

ただ,紙が無くなるからジャーナリズムが無くなると言うにはちょっと無理があると思います。

続きを読む

最新じゃないニュースは可能か?

b2cb48a94522765fd0f19ae22f11f649_s.jpg 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて新年最初のネタは,オランダ発の新しいジャーナリズムの形を提言したメディア「The Correspondent」ができたそうで,その記事をご紹介。

クラウドファンディングで資金調達したそうで,ニュースサービスのCFでは過去最高の支援者数とあります。
支援者数が多かったのは,今の溢れるネット情報に読者が嫌気がさしていたんでしょうねえ。

続きを読む

ネット社会での精神性とは?出版文化にどう影響するのか?

38a1e6737266e261c01fdd200ec4c152_s.jpg 

久しぶりの投稿です。
2018年,出版動向に素敵な動きはありませんでした。涙。

でも,こんな嬉しい記事。
前田裕二氏「GAFAには、弱点があると思う」「精神の奪い合い」が次世代ビジネスの主戦場

以前にvs. GAFA論でつまらない記事があったのですが,こちらは面白い。
結局のところ,ネット上でも昔の感覚に立ち戻っている感が。
それを若い人が勘づいている。

GAFAは確かにネット社会の立役者です。
そして社会が熟成した時に何が起きるのか。
GAFAの立ち位置はどうなるのか。
とても興味深いですね。

出版文化だけで考えるなら,圧倒的に紙の編集者がこれは得意としてますよね(作家のカリスマ性はもちろんではありますが)。
ただ,出版流通モデルが変わってどう対応できるか。
出版社という形がどうなるのか。
出版サイトとかいう何か別の形態,固有名詞が出てくるのかな?

楽しみです。

Google帝国が裏側で...

769037bf26fb01d7d4580e224b61ecf4_s.jpg 

おはようございます。

今日はこんな記事。

これ,気になっていたところでした。
Wikiよりも前にGoogleの情報がでてきて,むしろ不便。
サイトを直で見たい人には余計なお世話です。
著作権侵害でそのうち集団訴訟とかあるかもしれませんね。

続きを読む

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

VOTE& READ! 2019/07/17
文教堂がADR手続きと消費行動,出版文化... 2019/07/05
雑誌と書籍の消滅はいつ? 2019/05/08
専門書出版のビジネスモデル要再考→やはりこれ! 2019/04/26
出版産業は斜陽産業である 2019/04/15

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR