紙もWebも両方面白い!

紙とweb 

やっと最近,楽しいことが書けるようになってきた。

こんな記事がありまして。
デジタル時代における出版社・編集者の真価

細かい話はここには書かれていないのでわからないけれど,講談社社長の談,
「紙を捨てたわけではないが、データをパブリックにすることがパブリッシング(出版)と考えれば、いろんな出発点、出口があっていいのではないか」
ということで思い出した。

そう,webをやってみるといろいろ面白いんです。
紙だけではできなかったことが当然のことながらできる。

私のように医学専門書をずーっと作り続け,同じ領域の本ばかりやっていると,いい加減ネタ切れになる。
類書はたくさんあり,紙という媒体だけだと,どうにもこうにもやりようがなくなる。

どんなに頑張っても目次の切り口を変えるか,著者を発掘するしかない。
一般書のように分厚い付録などをつけるわけにもいかない。
学術書だと広告主とのコラボで何かイベント的なこともできない。

ひたすらアカデミックな本を作るだけになってしまう。

ひとたびwebというメディアが入ると,急にその範囲が広がる。
当然,動画も入る。
画像も載せたい放題。

医学書は図版が多く,組版も医学書ルールみたいなものがあって手間がかかる。
Webになると,そこからかなり自由になれる。
コンテンツの考え方も本の目次に従わなくていい。

一方でwebなりの面倒臭さもあるのだけれど。

編集者としては紙とweb,どっちも行き来できるほうが絶対に楽しいと思う。
その代わり,両方の知識が必要なのでかなりな負担にはなりますが...汗



関連記事

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

コメント

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

書店は生き残れるのか? 2018/09/18
編集者が選ばれる時代へ 2018/09/06
本の新しい価値の創造 2018/08/21
医療者必読!『なんでもない日はとくべつな日 (渡航移植が残したもの)』 2018/07/22
第109回みみの会:「企業の力をお借りする」ー今村監督、映画制作へのアプローチ 2018/07/14

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR