出版業界メルトダウン?!

とうとう来たか...


そうです。
メルトダウンです。

取次の危機というより,出版業界のメルトダウンじゃないか?

取次とは,出版社と書店を繋ぐ問屋業のことです。
普通の業界なら,仲卸業とかわりとわかりやすい役割。

でも出版業界の場合,この取次は金融業も兼ねています。
そこが大問題でした。(すでに過去形!?)
新刊がでると,書店には本を撒き,出版社には売れようが売れまいが一定額を入れてあげる。
売り上げを書店から吸い取って,一定期間したら売れ残った本を出版社に戻す。
取次は自転車操業の軸なのです。

そんな構造の出版業界は日本だけです。
一応,私の修士論文もそんな日本の出版流通の問題について書いたんですよね。
でもそれも10年以上前のこと。

当時から結局,業界全体が変わることができず,黒船に押されて致し方ない状況になっている昨今というわけです。

メルトダウンはどこから溶け出すかというと,正直のところ書店でしょうね。
日本オリジナルの書店は大手書店数社しか生き残れないのでは?
なぜ書店からかというと,あまりにも利益率が低い商売だからです。
取次が落ち込めば,金保ちの悪い会社から溶け出しますよね。

そしてその次に弱小出版社でしょうか。

取次はそもそも規模が小さくてできる業態ではない(小さい取次があるにはありますが)ので,案外残るような気がします。単なる横流し業なので,むしろ逃げ切れそうな気がするのです。

次に出版社で高い正味率(出版社の取り分が高い)のところから突かれるでしょう。
高い正味率でやってきた会社は,そこに経営依存してきたので下げられたとたんにもたないですよね....

ああ,いい話が今日は書けませんでした。










関連記事

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

コメント

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

Google帝国が裏側で... 2018/10/11
書店は生き残れるのか? 2018/09/18
編集者が選ばれる時代へ 2018/09/06
本の新しい価値の創造 2018/08/21
医療者必読!『なんでもない日はとくべつな日 (渡航移植が残したもの)』 2018/07/22

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR