紙の新聞が亡くなる日は近い?イコール,ジャーナリズムの死なのか?

706baabaaba1a23c0378f051794a366a_s.jpg 

出版不況と言われて久しいですが,新聞は不況などというレベルではないようです。

このグラフにある急降下カーブ,さまざまな統計情報を見てきましたが,これだけ急降下はなかなかないですよね。

ただ,紙が無くなるからジャーナリズムが無くなると言うにはちょっと無理があると思います。
もちろん優秀なジャーナリストが新聞社から育っていったことでしょう。
でも,別に新聞社からじゃなくてもいいと思うのです。
新聞社の記者が全員優秀とは限らないですし。

新聞社がジャーナリズムを担わなくても別にいいと思います。
ジャーナリズムの形でさえ変化しているのですから。
文章の書き方もずいぶん変わりましたよね。

紙がなくなるからもうダメだ,紙じゃないと儲からないからジャーナリズムは死ぬといくら言ったところで,この流れは止まらないわけですから,じゃあどうしたらいいのかもっと先を考えないと。
思考停止してしまっている。
それこそがジャーナリズムの死じゃないでしょうか。





関連記事

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

コメント

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

VOTE& READ! 2019/07/17
文教堂がADR手続きと消費行動,出版文化... 2019/07/05
雑誌と書籍の消滅はいつ? 2019/05/08
専門書出版のビジネスモデル要再考→やはりこれ! 2019/04/26
出版産業は斜陽産業である 2019/04/15

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR