出版流通崩壊へカウントダウン?

ab6a897977b1b650a2ff62f742dbc880_s.jpg 
こんばんは。
アマゾンの買い切り制然り,出版業界そのものが崩壊しつつあることを記すような記事。

本の売掛率ですが,実は出版社によってマチマチです。
老舗出版社は昔からの付き合いがあるから高い掛け率,新興の出版社は低い。

なので,この記事については老舗が一番恐怖に感じているところかと思います。
ただ,取次側もどういう交渉の仕方をしているのでしょうか。
運賃についてはまあともかく,ただ下げろというのでは誰もウンとは言わないですよね。

トーハンが昨年は赤字となっている。
率を下げずに,このままいって,取次が潰れるとどうなるのでしょうか?

おそらく,大手出版社が取次買収などもあるかもしれませんね。
そうすると,出版流通も大きく変わるかも。

ん?つまり,取次は無くなってみたほうがよいというオチになる??




関連記事

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

コメント

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

出版産業は斜陽産業である 2019/04/15
出版流通崩壊へカウントダウン? 2019/02/12
緊急速報:アマゾンから再販制度崩れる? 2019/02/01
POD出版を始めます 2019/01/28
アパレルのブランドイメージを守ることから,本の再販制度を考える 2019/01/25

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR