専門書出版のビジネスモデル要再考→やはりこれ!

433b543e285267994ecf88cdf441117d_s.jpg 

こんばんは。
GW前夜祭で浮き足立っているのか,仕事に追われているのか,すでに海外逃亡しているのか。
皆さん,どれかにだいたい当てはまるでしょうか。

ちょっと前ですが,こんな話がありました。

自分の中で学会と聞くと,理系のイメージになってしまっていますが,文系の学会だってあるんですよね。

そもそも私は文学部卒,しかも日文系で,この記事には懐かしい単語がたくさんありました。
懐かしい出版社名,雑誌名。
学生時代は考えもしませんでしたが,確かに国文学系の本の価格は専門的な割には安い。
医学書も最近は価格破壊が起きていますが,もっと昔から国文学系は大変だったんですね。

日本人だからと言って,全員が国文学を読むわけでもなく,案外母数が少ない。
しかも価格設定を考えると,ロングテールでは考えらえない。
実は短期決戦型。
となると,とても難しいビジネスモデル。

価格を下げてもそれでも売れないのは,近代文学がすでに古典の領域になってしまっているのではないかとも思えます。

そして国文学研究者たちの外交の下手さもあるのかなと思います。
国文学をやるタイプ(まあ自分もそうなんですが)って,地味で,内向的で,人が苦手な人が多い。
毎日コツコツ活字を追うことが楽しいのであって,組織を考えたり,業界全体をまとめたり考える人がいないんじゃないかと...「時代のニーズ」なんて全く興味ないでしょうね...

この記事にも「裾野を広げる必要がある」と書いてあります。
せっかくタダで個人がアピールできる時代になったのだから,もっとSNSなどのツールを活用してアピールすればいいのになと思いました。

といろいろ書きましたが,やはり解決策はひとつ。
POD出版でしょう!
1冊ずつ印刷するPODは若干価格は上がりますが,売れずに在庫を抱えるリスクがありません。
専門書のような売れる部数が少ない書籍にはぴったりです。

COSMICでもこのGWに1冊目処をつけたいと思っています。
ジャンルを問わず,原稿募集中です!

最後に宣伝でした(笑)










関連記事

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

コメント

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

VOTE& READ! 2019/07/17
文教堂がADR手続きと消費行動,出版文化... 2019/07/05
雑誌と書籍の消滅はいつ? 2019/05/08
専門書出版のビジネスモデル要再考→やはりこれ! 2019/04/26
出版産業は斜陽産業である 2019/04/15

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR