それでも編集者になりたい就活生へ

1b59a993031faead265b8f9174a019ce_s.jpg

3月は就活生が活動を始める時期だそうです。
ちょうど今日,大卒内定率が過去最高というニュース出ていました。
大卒内定率、過去最高の91%=採用意欲高まる―2月1日時点

街中には昔ほどではないけれど,リクルートスーツを着た大学生が歩いています。

この中に,どれだけ出版社に応募している人がいるのかなあと複雑な心境です。
そもそも出版社の新卒採用がどれだけあるのか?

今に始まったことではありませんが,出版業界は斜陽産業。

内定率過去最高の今,そんな業界にわざわざ入りたいと思う大学生はよっぽど変わり者かよっぽど本が好きなのか。

もし編集の仕事をしたくて出版社に入りたいのなら,本が好きという理由だけだと,もしかしたらこの仕事が向いていないかもしれない。

本が好きなだけなら,書店に就職するほうが楽しいと思います。
ただ,こちらも斜陽産業...

編集者向きの性格がある程度あると思うのです。
正直,本はそこそこ好きくらいで十分かと。
編集者に一番必要なことは,
好奇心。

なんでも面白いと思って,突っ込んでいけるメンタリティーが必要です。
なぜなら,編集者は本の企画を思いついてなんぼな仕事だからです。

そしてその好奇心を行動にうつせる実行力,
著者とのコミュニケーションを厭わないフレンドリーさも必要になります。
(↑私はもともと人が苦手なので,ここが一番苦労したんだけれど)

実のところ,校正やら本を作るための知識,技術的なことは後からでもついてくるし,誰かに投げてしまってもいいような仕事です。

自分の好きなジャンルで構わないので本の企画を考えてみてください。
こんな本が作りたい,こういう内容で,どんな人に書いてもらいたいというのがパッと浮かぶ,もしくは考えるとワクワクするなら,編集向きだと思います。

出版社が欲しがる編集の人材は企画できる人間です。
あなたにしかできないこと,それは本のアイデアを出すこと,つまり企画なんです。

それを面白いと思えないと,この仕事を続けることが苦痛になると思います。

それでも編集者になりたい就活生,頑張って!

関連記事

コメント


にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

AD

非公開コメント

<お仕事・コンサル・講演依頼>

COSMICでは医学・看護を得意分野とした書籍・雑誌の編集制作/校正,出版学修士号をもつCOSMIC代表によるコンサル,講演依頼を承ります。

内容,料金についてはこちらをご覧ください。

最新記事

第109回みみの会:「企業の力をお借りする」ー今村監督、映画制作へのアプローチ 2018/07/14
出版業界に「取次」はいらない。 2018/07/03
出版の未来は? 2018/06/19
COSMICは出版社としても活動いたします。 2018/06/09
出版業界メルトダウン?! 2018/06/07

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Yuko Tsunoda

Author:Yuko Tsunoda
医学・サイエンスとインターネット・コミュニティの架け橋COSMIC代表。
医学コンテンツ企画/編集/制作をしています。

COSMIC=COllaborator for Science and Medicine through the Internet Community
夢は大きく、宇宙規模で。
宇宙のパワーをいただきます!

おすすめ書籍

AD

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR